御池岳の山の花

ニリンソウ

イチリンソウ

イワウチワ

イワカガミ

カタクリ

エンレイソウ

ジロボウエンゴグサ

タチツボスミレ

バイケイソウ

戻る

チゴユリ

小さな可憐な花をつけて、林の下などに咲く。
花は茎の先にななめに下向きにつく

大きな3枚の葉とその上についた
地味で小さな花とが対照的

葉っぱは茶色の縁取りがあり
花は白くてつつじの花のようでした

つややかな葉の間から花茎っうぃ立てて
ピンクの花をつけて咲く。
葉がうちわに似ていることからこの名がある。

ピンク色の花を下向きに多数つける。
鏡のようにつややかな丸い葉をつけるので
この名がある。

イチゲの仲間と同じように1茎に1花を
つけるが花びらに見えるがく片の数が
少ない。

茎葉の間から2本の柄を出し、2輪をつける
ことからこの名がある。

春の林下を彩る代表的な野草。別名をハツユリともいう。
リン茎から良質のでんぷんが取れ昔は片栗粉に用いられた。